大人向けの発達障害全般とその他の悩み・困り事に関する情報提供site

Dodaチャレンジ利用に関して(途中経過)

DodaチャレンジHP

現在、Dodaチャレンジにて求人紹介の依頼をしており途中の段階ですが、一旦状況を報告したいと思います。
Dodaチャレンジは、就職・転職エージェントサービスと言われているものの障害者版で、大手企業のパーソルホールディングスの子会社が運営しているサービスとなります。健常者版でもリクルートやパソナと同じ大手のサービスで大変有名です。

現在、このDodaチャレンジに登録して求人を探しているのですが、昨日頂いたお返事が、”現在ご紹介できる求人がありません” でした。。。
正直、過去に健常者としてリクルートやDodaを使って、求人を紹介してもらったことが無かったので、驚きました!
私の経歴はProfileを見てもらえれば分かりますが、過去一部上場企業に勤めていたり、仕事に役立つ資格を持っていたり、一応日本語以外にも2ヶ国語使えたりします。。。
ですが結果は、”ご期待に添えず申し訳ございません”でした・・・。
流石に驚いたのと、焦りました。。。

せっかくなので、下記に頂いたメールを添付しておきます。


ただ、これには自分でも2つ理由があると感じています。

1つ目:直近に離職期間があること
2つ目:時短勤務希望であること

1つ目ですが、これは健常者としての転職においてもそうですが、離職期間は無ければ無いほど良いです。やはり企業としてもちゃんと通ってくれるのか、毎日仕事ができるのか、何か問題があるのかと疑ってしまい、手が出しづらくなります。
また、企業が採用をしてくれる人じゃないと、エージェント側も紹介料が入らないので敬遠します。
そのため、今回求人を紹介しないとしたと思います。

2つ目ですが、時短勤務であること。
これは、障害者枠であればこちらのほうが求人が多いと聞いています。これは、ある就労移行支援事業所で聞いたので間違いないと思います。
ただこれ自体が悪いわけではなく、離職期間が長いのに時短勤務だと、何か問題があると思われ、やはり敬遠され易いといったところだと思います。


以上の理由により、今回求人を紹介してくれないとなったわけですが、、、、ショックでしたね~。。。
今は、時短からフルタイムに変更する旨や、どうすれば求人を紹介してくれるのか問い合わせしている最中なので、進展がありましたら改めて記事を書きます。

そういう意味では、離職期間が長い人や時短勤務希望の人だと、仮に障害が無かったり軽かったとしても”就労移行支援事業所”に通う事が必要になるかもしれません。
就労移行支援事業所でやっていることというのは、正直今まで健常者で社会人をやっていた人には当たり前だったり、必要ではなさそうな内容が多く見られます。
ですが、ここに通う意味として、ちゃんと決まった時間に通い、真面目に課題に取り組めるかといったことを事業所に見せて、そういった事を出来ると事業所がお墨付きをして、企業に紹介するという、保証会社のような役目が大きいそうです。

そのためには、人によっては就労移行支援事業所に通う必要がある方もいるかもしれませんね。

今回は、これで以上となります。
少しでも皆様の参考になれば幸いでございます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。