For People with Disabilities

「LINEが超長文」はブラック彼氏の危険信号 スマホの画面が埋め尽くされたら警戒しよう

長文ライン

一方的な長文のメッセージは、相手のことを考えていないサインでもあります

弁護士の堀井亜生です。私は、これまで1500件以上の離婚や婚約破棄などの男女問題に関する事件を取り扱ってきました。なぜ離婚や破談になってしまったのか、それぞれの事例をひもといていくと、多くの場合、結婚前に彼氏のブラック性を示すサインが何らかの形で出ていて、そのリスクが結婚後に顕在化しただけに過ぎないということが分かってきました。こちらの連載では、一見すると高スペックなのに、結婚した後でとんでもない事故物件だったことが発覚してしまう「ブラック彼氏」を紹介していきます。ご紹介するブラック彼氏は、必ずしもみなさんにとってNGではなく、女性のタイプによって合う合わない様々です。恋愛と結婚で失敗しないためのポイントを知っていただき、ひとりでも多くの女性たちが自分に合った良きパートナーと巡り合い、幸せな結婚生活を送れるよう願っています。

日常的に長文メールやLINEを送ってくる彼ならば

<本日のブラック彼氏>
LINEのメッセージが1画面で終わらない男

・メールがやたらと長い
・電話を切りたがらない
・けんかしたときに謝っても許そうとしない

あなたの彼がもし、日常的に1画面で終わらないLINEメッセージを送ってくるタイプなら、隠れモラハラ系を疑うべきです。一般に女性同士のメールは長文。そのため、彼からの長文メッセージに対してもおかしいとは気づきにくいものですが、男性で1画面を越えるメッセージはあまり正常ではありません。そこにスタンプや絵文字が少なければ、さらに要注意。

これがけんかの最中となると、さらに長い執拗なメール内容になります。電話がかかってくれば、長い時間にわたって自分の言いたいことをしゃべり続けることも。

実は、長文のメールや長電話は他者への依存性の現れです。相手のことを考えられる人は、相手が読みやすく理解しやすい内容を書くことを心掛けますが、モラハラ系には、自分の言いたいことが言えるかどうかが最重要。相手が理解できるかどうかは二の次で、長文メールを平気で送ってしまうのです。常に不安感を抱えている彼らは、自分を理解して欲しいという他者への欲求が強く、それが不可能と分かると、相手を責め立ててしまうのです。

離婚相談に来たJ子さん(33歳)は、長年、夫のモラハラに苦しんでいました。夫が怒り出すと、いくら謝っても、延々と許してくれないのです。

朝、子どもの登校時間になっても、妻は正座して夫の話を聞いていなければならず、睡魔に負けて一瞬うたた寝をすれば、それを見とがめられて、また怒られる。

「もう朝だから止めようよ」と言えば、「オレの話が聞けないのか」と、また難癖をつけます。長く話すこと自体が目的ですから、彼女が反抗するそぶりを見せれば、新たな怒りをたぎらせるという終わらないループ。

このような「オレの話」の強要は、モラハラの典型的な特徴です。

親依存から妻依存へ

耐えられなくなった妻が、浮気に走るといったケースも数多く見てきました。もともと妻が浮気をするタイプでなくても、夫から逃亡する先が「浮気」というわけです。

妻に浮気される夫には、モラハラ系が多いのですが、その根底には、女性の人格を尊重しないという問題が横たわっています。妻が浮気に至った原因を知ろうとはせず、「自分は被害者、妻が反省さえすればやり直せる」と思い込んでいます。

彼らは、親に褒められたいと進学や就職を頑張ってきた男たち。人の評価をエネルギーにして生きてきて、結婚後は「妻に認められたい」と方向変換します。

いわば親依存から妻依存への切り替えは、自然の成りゆきのようにも思えますが、それも夫婦関係がうまくいっている場合の話で、関係がぎくしゃくすれば再び親依存に戻ります。

モラハラ系の夫たちは、離婚相談に両親の付き添いでやって来ることが多いのです。40代の夫が、80代の両親を連れて来ることも。

この類型のモラハラ系には、交際の早い段階で、「メールが長くて読みにくい」と言ってあげましょう。おそらく、彼にとってその指摘は意外なはずです。彼が自分に意見をしてきたということで別れを考えるのか、あなたが一方的に意見をぶつける相手ではないと分かり、態度を改めるのか。ちょっとした賭けのようなものですが、よりよいコミュニケーションを始めるチャンスになるかもしれません。

<対処法>
長いメールがきたら、読みにくいことをしっかり伝えて、彼の反応をみてみましょう。改善してくれる彼であればモラハラ系ではありません。


以上ですが、如何でしたでしょうか?

これは、人により経験のあるなしがあると思いますが、実は管理人はこの経験があります。これは男性にだけ当てはまるわけではなく女性にもあります。そして大抵スペック的に高いと思う人に多いです。やはりある程度自分に自信があり、自分は正しいと思う人にあります。ただ根底には幼少期に両親が仕事でいなかった、愛情をあまり感じられなかった等のことが影響していると思います。だからそういう人は、自分を理解してくれないとダメ、なぜ理解してくれない、理解してくれと相手より自分のことばかり言ってきます。。。

管理人が昔付き合っていた人で該当するのはそういう人でした。お嬢様だけど、仕事で両親がほとんどおらず祖父母に育てられ常に寂しい思いをしていた。頭はいいけどいつも寂しさや理想の愛情に飢えていた、という感じでした。

ですので、やはりケンカになるとどうして理解してくれない?分かってとヒステリックになりますし、謝っても全然許してくれない、挙げ句うちの家族の悪口を言うなどなど。。。

ですので、こういう人と結婚すると大抵はますます状況が難しくなるので、私は結婚はオススメしません。。。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。