大人向けの発達障害全般とその他の悩み・困り事に関する情報提供site

自分で出来る境界性パーソナリティ障害の治療法

境界性パーソナリティ障害

境界性パーソナリティ障害に関してこちらのサイトに載せたのは、症状や治療法・対応策が発達障害に似ており、役に立つと思ったからです。
全部が役立つとは言えないと思いますが、似通った部分もあり役立つと思いますので、宜しければご参照下さい。
また、発達障害だと思ったら境界性パーソナリティ障害だった、境界性パーソナリティ障害だと思ったら発達障害だったということもあるようなので、ご自身でもどういったものなのか調べてみるのも良いかもしれません。

境界性パーソナリティ障害(境界性人格障害)はどんな病気?

境界性パーソナリティ障害は、神経症障害と統合失調障害のどちらの症状もあらわれ、どちらか特定ができないものをいいます。ささいなことで不安感が高まる不安障害や、解離性障害、妄想や幻聴が現れる、両極端の考え方しかできなくなるなど、様々な症状が現れます。強いストレスやホルモンバランスの乱れなどが原因となることが多く、患者の8割近くが女性であることも特徴です。

パーソナリティ障害の定義は、「その人の属する文化から期待されるものより著しく偏った内的体験および行動の持続的パターンであり、ほかの精神障害に由来しないもの…」とされています。 (世界保健機構の精神疾患の診断基準(ICD-10)やアメリカ精神医学会の診断基準(DSM-IV-TR 2000)による)。
これを「パーソナリティそのものが病的である」と解釈したり、いわゆる「性格が悪いこと」と混同したりしてはいけません。パーソナリティ障害は、心理学的な意味のパーソナリティとも、一般的な意味の「個性」に近いパーソナリティとも性質が異なるものです。この障害は、治療によって徐々に改善することが期待できる精神疾患です。
パーソナリティ障害にはいくつかのタイプがあり、アメリカ精神医学会の診断基準で10種、世界保健機構の診断基準で8種があげられています。アメリカ精神医学会の診断基準では大きく分けて、次の3つに分類されています。括弧内にそれぞれの特徴を記します。

  • A群(奇妙で風変わりなタイプ)
    • 妄想性パーソナリティ障害 (広範な不信感や猜疑心が特徴)
    • 統合失調質パーソナリティ障害 (非社交的で他者への関心が乏しいことが特徴)
    • 統合失調型パーソナリティ障害* (会話が風変わりで感情の幅が狭く、しばしば適切さを欠くことが特徴)
  • B群 (感情的で移り気なタイプ)
    • 境界性パーソナリティ障害 (感情や対人関係の不安定さ、衝動行為が特徴)
    • 自己愛性パーソナリティ障害* (傲慢・尊大な態度を見せ自己評価に強くこだわるのが特徴)
    • 反[非]社会性パーソナリティ障害 (反社会的で衝動的、向こうみずの行動が特徴)
    • 演技性パーソナリティ障害 (他者の注目を集める派手な外見や演技的行動が特徴)
  • C群 (不安で内向的であることが特徴)
    • 依存性パーソナリティ障害 (他者への過度の依存、孤独に耐えられないことが特徴)
    • 強迫性パーソナリティ障害 (融通性がなく、一定の秩序を保つことへの固執(こだわり)が特徴)
    • 回避性[不安性]パーソナリティ障害 (自己にまつわる不安や緊張が生じやすいことが特徴)

※ICD-10で該当するタイプの名称を大括弧内に示す。*印はICD-10にないもの。なお、ICD-10では、境界性パーソナリティ障害は情緒不安定性パーソナリティ障害の下位分類のひとつである情緒不安定性パーソナリティ障害境界型と位置づけられている。

これらのパーソナリティ障害の共通の特徴としては、発達期から(遅くとも思春期から成人期早期から)その徴候が認められること、認知、感情、衝動コントロール、対人関係といったパーソナリティ機能の広い領域に障害が及んでいること、その徴候が家庭や職場など広い場面で見受けられるなどを挙げることができます。

境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)では、人からの見捨てられ不安を避けるために無理な努力をし、対人関係が非常に不安定である。また、自己像や自己の感覚が不安定で、衝動的に自分を傷つける行為(浪費、薬物乱用、過食、自殺企図、自傷行為)などを行うことがある。感情も不安定で、急に激怒したりする一方で慢性的な空虚感もある。一過性で反応性の妄想様観念や強い解離症状がみれらることもあります。

アメリカの研究では、人口の15%の人がパーソナリティ障害であると報告されています (Grantら2004)。しかし治療につながる例は少なく、実際に医療機関を受診するのは、他の精神障害を合併しているケースがほとんどです。
他の精神障害の合併については、境界性、反社会性パーソナリティ障害と薬物依存、回避性、依存性パーソナリティ障害とうつ病、回避性パーソナリティ障害と社交不安障害など、とくに結びつきが強い組み合わせがあることが知られています。
医療機関を受診するケースが最も多いのは、若い女性に多くみられる境界性パーソナリティ障害です。境界性パーソナリティ障害の方は、しばしば自殺未遂や自傷行為を行うことがあるので、救急医療機関につながるケースも少なくないようです。
パーソナリティ障害の原因は、まだ十分に明らかになっていません。しかし現在急ピッチで解明が進められていて、生物学的特性や発達期の苦難の体験が関連していることがわかっています。たとえば、衝動的な行動パターンは中枢神経系を制御する神経伝達物質であるセロトニンが作用している神経系の機能低下によるものだと考えられています。また、養育者が身近にいられなかったなどの養育環境が不十分だったことや、養育期につらい体験をしたことなどが、発症と関連しているともいわれています。

では、治療法はどうなるのでしょうか???


治療法にはどのような方法があるのか

ここでは、全てに効く対策というよりは、個々の事例に沿った対策を診断毎に記載していきます。
その中で自分に当てはまりそうで、必要な情報を確認し、対策を実践してみて下さい。実際の境界性パーソナリティ障害に対しては、支持的精神療法と薬物療法によって構成されますが、ここでは自分一人で出来ることに焦点を当てています。


見捨てられ不安に対して

境界性パーソナリティ障害を持つ人は、現実にまたは想像の中で見捨てられることを避けようとなりふりかまわず努力します。相手が離れてゆく相手が別れてゆくと考えることや通常とは違った生活パターンに入ることによって、自己イメージ、感情、認知、および行動に大きな変化がおきます。この方達は、周囲の状況に非常に敏感で、一時的に離れていることや急に必要になった計画の変更に対してさえも、見捨てられる恐怖や不適切な怒りを強く体験します。(自分にとって重要な人物が、2,3分遅れたり、約束をキャンセルしなくてはならなくなったりした時に生じる不安や激怒)

このような方たちは、このように「見捨てられる」ことが、自分が悪い人間であることを意味していると信じ込んでいることがあります。

こうした見捨てられ恐怖は、一人でいることに耐えられないことや、他の人と一緒にいてもらいたいという欲求と関係しています。見捨てられることを避けようとするなりふり構わない努力には、自傷行為や自殺行動のような行為も含まれます。

見捨てられ不安への対処法

1.あなたの感じる恐怖があなたにとって本物でも、他の人には共有してもらえない場合もあることを理解しましょう。境界性パーソナリティ障害ではない人たちには、あなたの不安は理解されないかもしれない、ということを認識するようにしましょう。

2.論理的な考え方をするように努力しましょう。大切な人たちが不在だとしても、そこには自分の感じるような意味はないかもしれない、と自らに言い聞かせましょう。つまり、大切な人が近くにいないことは、自分と関わろうとする気持ち、自分を大切に思う気持ちや愛情が無くなったからなのだ、というあなたの推測を疑ってみることです。

3.自分自身の要求以外にも、大切な人たちのもつ欲求や感情についても考え、自分を落ち着かせましょう。あなたの大切な人は生活費を稼ごうとしているのかもしれないし、個人的な用事を片付けに行ったのかもしれません。そうしながらでも、同時にあなたのことを大切に思うことは可能なはずだ、と考えてみてください。

4.大切な人たちと離れている時間に対応できるように気持ちの準備をしておきましょう。  大切な人の写真や洋服などを手元に置いておくのです。そうした物を見たり触ったりして、一緒に過ごす楽しい時間や、分かち合った愛情について思い出してください。

5.大切な人たちにはあなたの不安感を説明し、そうした気持ちをコントロールするために、外出と帰宅の予定時間を知らせ、それを守ってくれるように頼んでみてください。もし予定が変わったら、すぐに教えてくれるよう頼んでおくこともできます。

6.大切な人たちと離れている時間に何をするか、よく考えておいてください。楽しめる活動のリストを作っておき、自由にやってみましょう。別離の時間は
あなたにとってストレスなのですから、 その時には特に自分に優しくするようにして下さい。

7.他の人とつながっていると感じられるよう、Eメールや携帯メール、電話、SNSやチャットができる、助けになってくれそうな人の一覧を作っておきましょう。

8.自分を好きになれる日記を書いたり、読み直したりしましょう。
※自分を好きになれる日記というのは、 「あなたが自信を持って正しくやれたこと、周囲の人から褒められたときの言葉、やっていて楽しいと感じることなどを、空いているノートに書き込んでみましょう。というものです」

9.あなたが恐怖にかられるのは、別離という状況を知覚した脳が、そう感じるように指令を出しているからなのだ、ということを覚えておいてください。あなたの脳は、あなたが攻撃を受けていると認識しているのです。この状況を別の視点を持って見てみるようにして下さい。そして優しさや忍耐力を保つように努力してみて下さい。時が経ち、練習を重ねるとともに、恐怖にかられることは少なくなっていきます。


不安定で激しい人間関係

不安定な自己イメージ

自己を傷つける可能性のある衝動性

自傷行為の繰り返し

感情不安定

虚無感

不適切な怒り

妄想的な観念と解離症状

引用元:
自分でできる境界性パーソナリティ障害の治療
タミ・グリーン著
誠信書房



ここでは、全てに効く対策というよりは、個々の事例に沿った対策を診断毎に記載していきます。
その中で自分に当てはまりそうで、必要な情報を確認し、対策を実践してみて下さい。実際の境界性パーソナリティ障害に対しては、支持的精神療法と薬物療法によって構成されますが、ここでは自分一人で出来ることに焦点を当てています。

見捨てられ不安に対して

境界性パーソナリティ障害を持つ人は、現実にまたは想像の中で見捨てられることを避けようとなりふりかまわず努力します。相手が離れてゆく相手が別れてゆくと考えることや通常とは違った生活パターンに入ることによって、自己イメージ、感情、認知、および行動に大きな変化がおきます。この方達は、周囲の状況に非常に敏感で、一時的に離れていることや急に必要になった計画の変更に対してさえも、見捨てられる恐怖や不適切な怒りを強く体験します。(自分にとって重要な人物が、2,3分遅れたり、約束をかyんセルしなくてはならなくなったりした時に生じる不安や激怒)

このような方たちは、このように「見捨てられる」ことが、自分が悪い人間であることを意味していると信じ込んでいることがあります。

こうした見捨てられ恐怖は、一人でいることに耐えられないことや、他の人と一緒にいてもらいたいという欲求と関係しています。見捨てられることを避けようとするなりふり構わない努力には、自傷行為や自殺行動のような行為も含まれます。

見捨てられ不安への対処法

あなたの感じる恐怖があなたにとって本物でも、他の人には共有してもらえない場合もあることを理解しましょう。境界性パーソナリティ障害ではない人たちには、あなたの不安は理解されないかもしれない、ということを認識するようにしましょう。

不安定で激しい人間関係

不安定な自己イメージ

自己を傷つける可能性のある衝動性

自傷行為の繰り返し

感情不安定

虚無感

不適切な怒り

妄想的な観念と解離症状

引用元:
自分でできる境界性パーソナリティ障害の治療
タミ・グリーン著
誠信書房

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。