大人向けの発達障害全般とその他の悩み・困り事に関する情報提供site

吉濱ツトムさんのカウンセリング体験結果 1回目

2019年9月6日に今話題の吉濱ツトムさんのカウンセリングを受けてきました。
予約したのは、2019年5月頃だったので、人気の高さが伺えますね。
やはりご本人が強度のアスペルガーをお持ちということで、
発達障害あるあるを分かっていただけるというのは気持ち的に嬉しいですね。
定型発達の人とはやはり家族であっても、考え方、気持ち、行動等どうしても
分かりあえない、分かってもらえない部分というのがでてしまうので、
そういう面でもご自身が発達障害を持った人がカウンセリングしてくれるというのは、感激しますね。

さて、本題の内容ですが、私は奥さんと関係が上手くいっていなかったので、
それをどうしていけば良くなるかを相談しました。
結婚してそんなに時間は経っていないのですが、私自身が結婚に消極的だったこと、彼女や奥さんに時間やお金を使うということに価値を置いていなかったので、奥さんがカサンドラ症候群のようになってしまったのが問題でした。
今までは一人で暮らすのであれば問題なかったと思うのですが、ふたり暮らし、家族となると一緒に暮らすほうがまいってしまう考え方・行動の仕方でした。

以下、頂いたアドバイスですが、状況や人により違うと思いますが、
グレーゾーンに近い発達障害の人であれば概ね役立つと思います。


  • 自宅でのスペース確保
  • 1週間に一回は自分の時間を持つ
  • 結婚生活での役割を細かく決める
  • 義務として、パートナーとの共同作業の時間をもつ。
  • ビデオカメラで自分の日常を撮り、後でどんなひどいことを言っているか確認すること。
    ※これは主にグレーゾーン発達障害の人向け
  • 趣味を10個書き出し、それを自分の時間に行う。
  • 極力炭水化物は取らないようにする。せめてパンをやめて、ご飯にする。
    糖質もなるべく制限。コーヒー(カフェイン)も。
  • 極力タンパク質をとる。
  • サプリによりビタミンB群をとる。
  • 知り合いの定型発達の人に、こういう場合は怒るのかと事例を確認する。

話している中で、上記内容を頂きました。
ようは、自分の体調を整えながら、妻への共感性が低いから一緒に作業して時間を作っていこうという内容です。
もしさらなる詳細をほしい方は、お問い合わせよりご連絡ください。
説明させていただきます。

基本的に発達障害の人は結婚生活に向いていない場合が多いです。
それは、自分を振り返ってみてもそうですし、吉濱さんもおっしゃていました。
しかし、一人でいる寂しさを乗り越えられる人、乗り越えられない人、人それぞれだと思いますし、状況も千差万別だと思います。
今ご結婚(同棲)されていてパートナーとの関係に困っている人は、一度状況をよく整理されて、今度どうしたいのかを考えると良いと思います。
今後パートナーとの同棲や結婚を考えられている人は、自分ができそうかどうか、どうしていきたいのかよく考えて、ゆっくりと対策を取られると良いと思います。
妻や家族の協力もあり、今は昔ほど喧嘩も少なくなり、状況はだいぶよくなりました。発達障害の人、特にアスペルガーの人はなんでも自分中心に考えるところが多いので、人と一緒に住む場合は考え方をしっかりと変える必要があると思います。

気になる時間と料金です。
初回80分/30,000円 / 2回目以降 60分/20,000円 

カウンセラー:吉濱ツトムさん
Web Site: https://yoshihama-tsutomu.com/
Twitter: https://twitter.com/yoshihama_t?s=20
You Tube:https://www.youtube.com/channel/UCBV-qJu74HyGnatEgBXXwXw/featured

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。