大人向けの発達障害全般とその他の悩み・困り事に関する情報提供site

吉濱ツトムさんのカウンセリング体験結果 2回目

2019年10月11日に吉濱ツトムさんのカウンセリングを受けてきました。
予約したのは2019年9月以降だったので、初回とは違い
2回目以降の予約は取りやすいといえますね。


今回は前回相談したことの経過報告のような形で行ってきました。
それと前回不明だったことを確認してきました。
今回は2回目なので、60分/20,000円でしたが、60分も80分もあっという間に終わってしまいます。メモが苦手な方は録音もOKなようです。
因みに自分は記憶力良くないですが、吉濱さんはとても記憶力が良いのと、
英語もある程度できるので、海外の論文なども読んで実践できたそうです。
こういう時に思うのですが、発達障害はある種の個性なので、普通の人よりも出来ないこともありますが、
出来ることは普通の定型発達の人よりも出来る場合も多いので、
仕事やプライベートにそこまで支障がでていなければ気にする必要はないと思います。
また、発達障害が強く出ている人ほど日常で困ることも多いですが、
その分他の分野にかなりの才能を持つ人が多いです。

さて、今回話した内容は下記となります。


  • 食事制限に関して
    糖質を含むごはんは1日1.5杯までが理想。(100-150ミリ)
    難しいようなら、タンパク質をご飯の摂取量の1.5倍にする。
    基本的に小麦粉もだめ、ただしそば粉はOKだから、10割そばはOK.
  • 発達障害は、基本的に前頭葉の機能が弱いか死んでいる。
    そのため、セロトニンシステムが死んでいて、セロトニンが出ていない。
  • アスペルガーはドーパミンが大量にでていて、 ADHDは全然出ていない。セロトニンもドーパミンも 過剰も、少量も良くない。
    ただアスペルガーと違い、ADHDは比較的元気があると言われている。
  • 妻と上手くやるために、具体的に行うこと。
    こちらは人により個人差があるので割愛いたしますが、
    記念日をしっかりと祝う、外食に行く、話をしっかりと聞くようにする等の
    定型発達の人であれば普通に行える内容です。
    ただし、発達障害の自分には非常に難しい内容ですので、
    これに理由付けを行うことにより、持続性が出るようになります。
    例えば、これらのやりたくないことをやることにより、衝動を抑制する力が付い、ADHDの特性の天才性が上がる等がそれになります。
  • ADHD/アスペルガーの人が何かを続けるには明確な理由付けが必要。

特に自分が納得したのは、明確な理由付けが無いと持続性がないということです。
今までは特に気にしていなかったのですが、やはり目標や目的な自分の中で
しっかりと腑に落ちていれば、ある程度まで頑張れると感じました。
これを知っているのと知らないのとでは、今後の改善に大きく違いが出ると思います。


今回は以上となります。
前回も記入しましたが、吉濱さん気になる方は、下記よりProfileをご参照ください。

カウンセラー:吉濱ツトムさん
Web Site: https://yoshihama-tsutomu.com/
Twitter: https://twitter.com/yoshihama_t?s=20
You Tube:https://www.youtube.com/channel/UCBV-qJu74HyGnatEgBXXwXw/featured

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。